BLOG

NEWYOSHI

木梨憲武展

2022.06.22

先日の休みは、上野の森美術館で開催されている「木梨憲武展」を見に行ってきました。

梅雨入りしていますが、この日は雨も降らずお出かけ日和。
それだけで気分も上がります。

この展覧会は日時指定入場制のため、事前にチケットを購入。
とはいえ週末という事もあり、来場者は多く賑わっていました。

懐かしの「生ダラ」のコーナーで岡本太郎に憧れる木梨憲太郎なるキャラクターがパリで描いたセーヌ川。

実はこの絵がきっかけとなりアートの世界に入ったそう。
しかも、それまで絵を描いたことがなかったって言うんだから、その才能とセンスに驚きです。

若い人は知らないかもしれない「生ダラ」笑。
1991年から放送されていた『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』というバラエティ番組。
当時のバラエティはとにかくめちゃくちゃで何でもあり、それがくだらなすぎて面白かったんですよね~。

こちらは2001年に、当時のペン画を転写し彩色して新たに制作されたもの。

今回の展覧会は2014年に上野の森美術館で開催された「木梨憲武展×20years」の作品から、ニューヨークやロンドンの個展で発表したものなどを中心に約200点もの作品を見ることが出来ます。

手のモチーフを使った「REACH OUT」シリーズ。
仲間とのつながりや助け合いというメッセージが込められているそう。


「REACH OUT」も、ガラスや屋久杉を使ったものなど、その作品の表現の仕方は色々。

絵画一つとってもとにかく作風が多種多様、更にオブジェや映像まであるから、とにかく見ごたえたっぷり。

リアルすぎて引くレベルの怖さ。笑

憲さんのことだからどっかに”Pele”のサインもあるんじゃないかと探してみる。
さすがに見つからなかった。笑

でも、奇跡的にNAOさんを発見。笑
良かったら探して見て!!

この日はたまたま天気よかったですが、天候を気にせず楽しめる展覧会は梅雨時にいいですね。
会期は26日まで、まだチケットもあるみたいなので興味のある方は是非~。

そして、この日の本当のお目当ては上野にあるこちらのとんかつ「山家」さん。
アートもいいですが、何より食い気。笑

こちらの「山家」さんは、過去に百名店にも4年連続で選出された有名店。
何よりロースかつが770円とコスパ最強。

で、こちらが770円のロースかつ定食。
普通盛りでもご飯300gと通常なら大盛りクラスのボリューム。
最初から少な目でオーダーする方も多いようです。

もちろん私は普通盛り。残さずきれいに頂きました。

この価格で、柔らかくサクッと揚げられた美味しいとんかつが味わえるんだから嬉しいですね。

そうそう。とんかつと言えばKotaroのご実家が2022年のとんかつ百名店にも選ばれている有名な「やまいち」さんなんです。

以前にロースカツ弁当を頂きましたが、これがもう最高。
かつ丼も美味しいと聞いたので、次は是非お店でかつ丼を頂きたいと思う今日この頃。

これが「やまいち」さん人気のかつ丼、美味しそう~。

場所は淡路町。
Kotaroが、たまにいるとか、いないとか。

とんかつ好きな方は良かったら行ってみてくださいね。

ページのTOPへ